ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングイメージ

ホワイトニングは審美治療のひとつです。飲食や禁煙、服薬などで着色してしまった歯を削ることなくホワイトニング剤(主に過酸化水素)で漂白していきます。生まれつきの歯の黄ばみをはじめ、加齢や食物・嗜好品(特にコーヒーやタバコ)による変色など、歯質内部の色素を分解し、歯の表面に付着した頑固な汚れを漂白します。ホワイトニングで得られた白く輝くような歯は、若々しさと清潔感のある印象を与え、表情や顔色も明るく見えるなど、見た目の印象を格段に良くしてくれます。

ホワイトニング剤の漂白の秘訣

ホワイトニングは、歯の表面に過酸化物などを含んだ薬剤を塗布することで、熱や光で歯の黄ばみ色素を分解して歯を白くしていきます。しかし、黄ばみ色素を分解していくだけでは、歯は白くなりません。なぜなら歯の表面を覆うエナメル質は半透明色であるので、下層にある象牙質の黄褐色が透けて見えてしまうからです。ホワイトニング剤に含まれる過酸化物(オキシドールと同成分)は、エナメル質をマスキングする特性があり、これによって歯を白く見せることができるのです。

ホワイトニングの種類について

ホワイトニングには、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの二つの方法があります。オフィスホワイトニングは、歯科医院(当院)で漂白を行うのに対し、ホームホワイトニングは、専用の薬剤(ホワイトニングジェル)と、患者様の歯列に合わせた専用マウスピースを使い、患者様ご自身が「自宅で」漂白を行う方法のことを言います。2つの方法によるメリット・デメリットは以下の通りです。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、主に患者様ご自身が、ご自宅で漂白を行います。ホワイトニングの際は、専用の薬剤(ホワイトニングジェル)と、患者様の歯列に合わせた専用マウスピースを使います。

【メリット】

通院回数が少なくて済むほか、特別な器具を必要としないので、多忙な方にも気軽に行えます。また回数を調整することで、ご希望の色調に合わせたホワイトニングが可能です。オフィスホワイトニングよりも持続性が高く、長期にわたって自然な白さが保てます。

【デメリット】

ホワイトニング中は飲食物の制限をする必要があったり(コーヒー、赤ワイン、カレーなど)、比較的漂白に長い時間を要したりします。薬剤による違和感を覚えたり、また薬剤を誤嚥したりする可能性も出てきます。また、患者様ご自身が自宅で漂白を行いますので、それに伴う煩わしさも生じてきます。

オフィスホワイトニング

薬剤や光照射を用いて「歯科クリニックで」漂白を行う方法です。

【メリット】

薬剤や光照射を用いるため、治療回数・期間が短く、患者様ご自身が毎日自宅で漂白を行う煩わしさがありません。また、歯科医や歯科衛生士による的確な処置が可能なうえ、医師らとのコミュニケーションを図りながら行える安心感もあります。

【デメリット】

短期間のうちに色が後戻りしやすい。

ホワイトニングを行う際の注意点

カウンセリングイメージ

ホワイトニングを行うには、歯科医によるカウンセリング、および口腔内検査が必要になります。これは、歯の状態や体のコンディションによってはホワイトニングが適さないケースがあるからです。なお、ホワイトニング初診時は、歯のクリーニングや治療が必要となることがありますので、予めご了承ください。

料金

クリーニング+ホワイトニング

クリーニング(20分)+ホワイトニング16本(40分) 8,640円(税込)
1本追加 540円(税込)
LEDライト追加照射 3,240円(税込)

ホワイトニングのみ

ホワイトニングのみ16本(40分) 6,480円(税込)

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング 37,800円(税込)

ホワイトニング専用のマウスピース上下(不快な型取りをせず制作いたします。)
※ジェル1本付き(約1~2週間分)
※追加ジェルは1本3,000円で購入頂けます。