目立たない矯正

矯正歯科とは

矯正歯科とは、「悪い歯並びや噛み合わせを、きちんと噛み合うようにして、きれいな歯並びにする歯科治療」(日本矯正歯科学会による)を言います。なお、矯正治療とは、矯正装置を用いて、歯に一定の力を加えることで、人工的に正しい位置まで動かし、上顎と下顎の歯並びを整え、正常な噛み合わせにすることです。当院では、なるべく歯や周囲の組織に負担をかけないように、患者様の体の自然なペースに合わせて治療を行いますので、上下全体の歯並びがきれいになって良い噛み合わせになるまでには、通常約1年半から2年半の期間を要すこともあります。

矯正治療の効果とは

歯並びや噛み合わせが悪いと(不正咬合)、歯がよく磨けず、虫歯や歯周病になりやすかったり、よく噛めないために胃腸に負担がかかることもあります。その影響というのは、決して小さなものではなく、顎関節症や口臭、頭痛、肩こり、腰痛などを招くことも少なくありません。さらに言葉が明瞭でなくなったり、歯を破折しやすくなったりもします。場合によっては精神面に悪影響が及ぶこともあります。歯並びを整えると、心身の健康に良く、また見た目が美しくなる、正しい発音ができるようになるなど、様々な良い影響がもたらされます。

不正咬合について

良くない歯並びは、不正咬合と言い、矯正治療の対象になります。以下のような症状が当てはまる方は、お気軽にご相談ください。

  • 上顎前突、下顎後退イメージ 上の前歯が、前に突出している、または下顎が後退している(上顎前突、下顎後退)
  • 下顎前突イメージ 下の前歯が、上の前歯よりも前方に出ている(下顎前突)
  • 開咬イメージ 歯を噛み合わせた時に、前歯が噛み合わずに、開いてしまう(開咬)
  • 乱杭歯イメージ 歯並びがデコボコになっている(乱杭歯)
  • 八重歯イメージ 上の糸切り歯が、歯並びから飛び出している(八重歯)
  • 空隙歯列イメージ 歯の隙間が多くなっている(空隙歯列)
  • 過蓋咬合イメージ 上の歯と下の歯の噛み込みが深く、下の前歯が見えないほどである(過蓋咬合)
  • 正中離開イメージ 前歯の間に隙間がある(正中離開) など

目立たない矯正治療について

当院では、歯にブラケットを固定して、そこにワイヤーを通すワイヤー型、着脱できるのが特徴でワイヤー矯正よりも装着時の違和感が少ないマウスピース型などの治療を行っております。治療法はそれぞれですが、いずれにしましても、他人から見て目立たない矯正治療を行っています。主な治療法および使用する矯正装置は以下の通りです。

ワイヤー矯正(ホワイトワイヤー、透明なブラケット)

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正はブラケットとワイヤーを使った、いちばん標準的な矯正法です。歯の表面(または裏面)にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して力をかけることで、少しずつ歯を動かしていきます。ワイヤー矯正は歯にブラケットを付けるので見た目に影響しかねませんが、当院では白いコーティングの施された目立たないワイヤー「ホワイトワイヤー」を使用しますので、ワイヤーが目立ちません。また、留め具となるブラケットも金属ではなく、透明の目立ちにくい非金属製のブラケットを使用します。このように審美性に優れたタイプを用います。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

透明なマウスピースを歯列に被せて歯を移動させる、最新の歯列矯正法です。これを装着することによって、トレー1枚につき0.2~0.5ミリずつ歯を動かしていきます。従来のブラケットやワイヤーを使用する矯正装置と違い、装着しても目立ちません。自分で脱着可能なのが大きな特徴で、食事も歯磨きもいつも通りに行えます。使用するマウスピースの数は、難易度などの条件により異なってきますが、1人あたり大体20~60個の範囲です。マウスピース矯正の適用範囲は広がってきてはいますが、まだワイヤー矯正のようにどんな症例でも対応できるものではありません。上記にあげたようにマウスピース矯正には一般受けしやすいメリットがたくさん有りますが、安易に選択して失敗している例が増えていますので注意が必要です。マウスピース矯正専門医院であれば難しい治療も可能などという話に医学的な根拠はありません。少しでも不安を感じた場合は一度ご相談下さい。

舌側矯正

舌側矯正

裏側矯正とも言われる舌側矯正は、歯の裏側で行うワイヤー矯正です。ブラケットとワイヤーが表面から見ただけではわからないので、目立ちにくい矯正治療のひとつです。慣れるまでは、非常に違和感を覚えますが、他の装置と比べて虫歯になりにくいという利点もあります。費用は他の矯正治療と比べると割高です。

床矯正

床矯正

床(しょう)矯正は、取り外し可能な、入れ歯に似た形をした装置(床装置)を使った矯正法です。床装置にネジがついていて、そのネジを回して顎を拡げたり、歯を動かしたりして歯並びを整えていきます。床矯正は歯を無理やり動かすのではなく、顎を拡げていくので痛みがほとんど無く、治療後の後戻りの心配もまずありません。

インプラント矯正

インプラント矯正イメージ

インプラント矯正は、インプラントの技術を活かした矯正方法で、矯正専用に開発されたインプラントを顎の骨に埋め込み、このインプラントを支点(固定源)にして、動かしたい歯を引っ張ることにより歯並びを整えていく方法です。この方法なら、歯がスムーズに動いてくれるので、治療期間を大幅に短縮できます。これが一番のメリットです。抜歯も最小限に抑えることができます。

部分矯正(MTM)

部分矯正(MTM)イメージ

動かす歯を1本~数本に限定して行う矯正治療です。通常の矯正では多くの歯を動かすため、治療に2~3年の治療期間が必要になります。しかし、部分矯正では、動かす歯を限られた数に絞って矯正するので、補綴治療(歯の欠損をクラウンやブリッジなどの人工物で補う治療)を組み合わせれば、半年くらいで症状を改善できます。ただし、部分矯正は、あらゆる症例で適応になるというわけではありません。しかし、短期間で施術することができますし、補綴治療やインプラント(人工歯根)治療を行う際に、歯の位置や傾斜など歯並びの一部を事前に修正する場合や、隙間が開いている前歯を移動させる、傾いている歯をまっすぐにする、などの場合に有効です。