CLOSE

あなたの笑顔がステキな毎日をつくりだす

ネット予約
診療時間 月・火・金 12:15 - 20:30
水・土 10:00 - 18:00
日・祝 10:00 - 14:00
休診日
ネット予約

子供の過蓋咬合

DEEP OVERBITE

子供の過蓋咬合
について

ABOUT DEEP BITE

過蓋咬合はディープバイトとも呼ばれ、下の前歯が見えなくなるほど上野前歯が覆いかぶさっている状態のことを言います。

自覚症状のようなものを感じにくく、不正咬合であるものの放置されているケースが多く見受けられます。

大人の方の過蓋咬合と同じように、深く噛み合わさる事によって、顎の動きが制限されてしまい、顎関節へ過剰な負担がかかってしまい痛みが出たりします。

強い力が加わり続けることで、歯肉に炎症(歯肉炎/歯周病の入口となる症状)が起こることもありますので注意が必要です。

子供の過蓋咬合の原因

CAUSE

過蓋咬合の原因は1つだけではありません。

  • 上顎に対して下顎が後方にある
  • 乳歯を虫歯などによって失い、奥歯が十分に伸びてこない
  • 遺伝による、骨格や歯の異常

このような原因によって、過蓋咬合になってしまう可能性が考えられます。大人になってから矯正治療を検討される方がいらっしゃいますが、お子様のうちに改善することで、顎への負担を軽減させたり、歯周病の因子を減らすことにも繋がります。

子供の過蓋咬合を矯正治療する場合に意識すること

BE CONSCIOUS

お子様の場合には、まずは取り外しが可能なマウスピースのような装置にて上下の顎の発達のアンバランスを改善することから行います。
その場合顎の骨の土台から環境を整えることが可能となります。

子供の過蓋咬合の治療について

TREATMENT

顎の正常な成長を阻害させるような悪習癖(指しゃぶり)などがある場合は一緒に除去してく指導を行います。
まず上下の顎のアンバランスがある場合(下顎の成長が不十分な場合など)骨格的な要因から改善いたします。
大人になってから骨格的な要因を変化させるのは手術以外の方法では難しくなってまいります。

夜寝ている間に取り外しのマウスピースを使って頂く場合が多いです。
マウスピースを使う期間は平均的に2年くらいでその後矯正装置を装着する第二段階に移行するか検討いたします。

IF YOU THINK

過蓋咬合かな?と思ったら

過蓋咬合の治療は適切な時期に治療を開始することが重要となります。
一度お口の中を拝見させて頂き、時期を検討することが必要です。

当院ではお子様の無料矯正相談を行っていますので、
是非ご活用ください。

歯並びのお悩みをご相談ください

当院では、1日3組の方限定で、
矯正治療の無料相談を行っています。
お気軽にご利用ください。

矯正歯科のお悩みをご相談ください。 矯正歯科のお悩みをご相談ください。
相談してみる

相談は無料です。