CLOSE

あなたの笑顔がステキな毎日をつくりだす

ネット予約
診療時間 月・火・金 12:15 - 20:30
水・土 10:00 - 18:00
日・祝 10:00 - 14:00
休診日
ネット予約

成人の受け口(反対咬合)

PROGENIA

受け口(下顎前突)とは?

WHAT IS PROGNATHISM

下の前歯が上の前歯より前にある状態を指します。
食べる時に奥歯しか当たっていないことも多く、奥歯が割れてしまう(最終的には奥歯を残せなくなってしまう)、発音障害、咀嚼障害などを引き起こす可能性が高いです。

また、同じような症状で顎変形症を疑われる場合があります。

受け口の原因

CAUSE

受け口の原因は主に、幼少期に関係があります。
上顎の成長が足りず、下顎が前に出てしまうなど、上下顎がアンバランスな状態になってしまうこと。

または、幼少期の悪習癖(ポカン口・口呼吸・顎を前に出すなど)が原因で受け口になる可能性があります。

これらは下顎に比べ、上顎のほうが成長が早く止まってしまうために、舌のポジションが定まらず悪習癖を生み、受け口になってしまうという場合が多くみられます。

受け口の治療法

TREATMENT

大人になってからの受け口の治療は主に二つに分けられます。

歯の角度を変えて治療する場合

歯の角度を変えてカモフラージュして治す場合、もしくは外科手術を併用して顎の骨ごと整える場合があります。
歯の角度を変えて治す場合は、顎の骨はそのままですので、もし下顎が出ているのをメインに気にされている場合には不向きです。

外科手術(顎変形症)

顎変形症と診断された場合は、外科手術が必要になります。
外科手術を併用する場合でも、手術の前後に矯正治療が必要となります。
手術をする前に手術後に噛めるように矯正治療を行い、手術後に微調整を行います。
手術が併用となる矯正治療は保険適応となり、矯正治療は当院でも可能ですが、外科手術は大きい大学病院で受けていただくことになります。

CASE

受け口の症例

受口を矯正で改善した症例例

患者情報
20代 女性
主訴
受け口
診断名
下顎前突
治療方法
マルチブラケット装置
治療期間
18ヶ月
治療のリスク
歯ブラシが時間がかかる
費用
検査4万
装置 80万
再診 5000×18回
保定装置 15000×2回

※ クリックして拡大することができます。

MESSAGE

受け口(下顎前突)でお悩みの方へ

当院で一番相談を受けるお悩みが受け口です。
受け口は状態によっては顎変形症と診断される場合があります。
コンプレックスに感じられたらそのままにせず、無料相談をご相談下さい。

治療法や費用、支払い方法などを含めてじっくりと

歯並びのお悩みをご相談ください

当院では、1日3組の方限定で、
矯正治療の無料相談を行っています。
お気軽にご利用ください。

矯正歯科のお悩みをご相談ください。 矯正歯科のお悩みをご相談ください。
相談してみる

相談は無料です。