痛くない、型取りなし

当院では、患者様にできるだけご負担をおかけしない矯正治療を行っています。具体的には痛くない治療、そして不快な型取りは3Dスキャナーを用いることで不要としています。矯正方法について、不安あるいは心配があるという方は、お気軽にご相談ください。

痛みの少ない矯正治療

装着初期は痛みの少ない極細のワイヤーを使用

当院では、なるべく痛みが出ない矯正治療を行っております。そのためには、例えばワイヤー矯正で使用するワイヤーを治療の初期では、極細のワイヤーを使い、装置に慣れて治療が進むにつれて、徐々に直径を太いものに上げていきます。そうすることで痛みを極力抑えることができます。

型取りを行わずに矯正治療します

3Dスキャナーの利用で型取りは不要

3Dスキャナー

当院では多くの患者様が不快と感じている、このような型取りを行わずに矯正治療を行います。型取りをしない代わりに3D光学カメラを用いて、口腔内の歯並びの状態をスキャン(撮影)します。撮影中はこまめに口を休めながら、リラックスした状態で歯列の撮影を行うことができます。スキャンしたデータは、歯型模型などの作製の際に利用します。このような3Dスキャナーを利用することで、ねちゃねちゃした感のあるペースト状の材質による歯型取りを行わなくても、精巧な歯型を作成できますので、不快感を抱くことなく治療に臨むことができます。またすぐに印刷も可能ですので画像をお持ち帰り頂けます。